爆拳なんて怖くない!

便所の落書き ゆうはく愛

WJ14 冨樫義博インタビュー

遅くなりましたが祝ハンターハンター連載再開。

ネタバレはしませんがやっぱり最高。日々複雑さを増してきているので正直世界観についていけてねーと思っていたけど雰囲気さえ楽しんでれば何も問題ないことがわかりました。

めくるめく冨樫ワールドにどっぷり浸かりながら足りない頭をなんとか駆使してます。

だんだんと難しい勉強を学ぶ小学生高学年辺りにタイムスリップしたような気分です。知識の豊富な人からいろんな何かを学びとるって素晴らしい。やり直したいなあ学問。

幽白界隈は相変わらずよくわかんねえグッズ出したりパズドラとコラボし出したり、おいもうやめとけって感じもしないですが今週のジャンプの冨樫インタビュー。

これが読みたくて先週からウズウズしてた。

そしてやっと本題。

インタビューの感想です。

幽白に触れてる。今までの全ての冨樫インタビュー見てきたわけではないのでなんとも言えませんが今までにないくらい幽白語ってる。

もうむっっっっっっちゃくちゃ嬉しかったです。

それでもサラッと感は否めませんが、今までの比で最高に触れてた。

 

幽白は始めハートフルストーリーだったのに編集のテコ入れでトーナメントものになった

→これはもともと冨樫がバトル物を描きたかったのだが初のチャレンジということで担当が不安に思い30話目くらいからバトルに移行しよう、という話になったのでこれは間違い。

 

ぶっちゃけ当時のファンからしても前者説が否めなかったけれど。

だから嫌になってあのとき(1994年)突然連載を投げ出したのかとずっと誤解したまんまだった。

あのときのあの日心に穴が開いたファンは数知れず。

もう亡くなってる方もいるかもしれない。

こういうことはもっと早く言ってほしかった。

やっと24年後に聞くことができたなんてなんとも感慨深い。

(もしかしたらこの話は以前も本人語ってるかも。だったらすんません)

 

まあこうして、今回ちゃんと明言したことで

武術会よりも前の話、さらに言えば幻海の修業よりも前の話、さらにさらに言えば蔵馬と飛影が登場する前の話は蛇足ではないことがしっかりと証明された。

もしも今度アニメ化するような時はきちんとたぬきやエリカツ、しょうた、大ちゃんの話などをやってもらいたい。

いややらんでもいいけどアニメ自体。

 

蔵馬と飛影について語る

→蔵馬は人気が出るかなと意識して描いてた

「人気が出るかな」と「意識して描いた」

 

言ったね言いきったね(ニンマリ)

 

「自分の描きたいもの」に常にこだわっていた冨樫が「読者の人気」を「意識」して漫画を描いてたという事実が連載終了24年目にしてはっきりとわかった。わかっちった。

しかしこれには少し疑問。

蔵馬のビジュアルは当時としてはかなり「一部ウケ」だった。女性ファンはおおかたなびくが男性陣にはやはり星矢とかベルバラ的な、なんつーかイマイチな反応。

男か女かわかんねーキャラが普通に強くて人気でる今とは違い、昔はまだまだ「強いキャラは筋肉ムキムキ」じゃないとおかしい風潮があった。少なからず。

蔵馬のようなキャラはあくまでイロモノで、めちゃくちゃ弱かったりキザネタキャラだったりするのが普通なのに、あまつさえさらにカッコイイ妖狐に変化するわ頭脳戦で大活躍するわ普通に強くなるわでこれまでの概念ぶち壊しまくりで、主役すら食ってしまう始末。これには面白くないと感じた男性読者も多いはず。自分の好きな彼女が「蔵馬蔵馬」クラスや職場の女子が「蔵馬蔵馬」連呼。

カリスマ性溢れる彼はかなりのアンチ(ほぼ男性)を産みだしたといっても過言ではない。

実際自分の周りも蔵馬を毛嫌いする男性はちらほらいた。

というわけで人気を意識→おそらく女性人気を意識していたらしい。

少年誌においてメインターゲットではない層を狙い撃ちしてたとは、当時としてはかなり斬新。なかなかやるなあ冨樫。

鴉がやたら蔵馬に執着してたのも作為的だったのかそれとも自分の趣味だったのかはたまた深く考えないでやってたのか、少し聞いてみたい気もする。

 

飛影は「中二のかたまり(笑)」この笑は原文ママだ。

好きなものを詰め込んだそうな。

なんだそのシンプルなコメント!最高じゃないか!

冨樫の「好き」が詰まった飛影なんて読者が好きにならないはずがない。

もちろん昔は中二なんて言葉はなかった。

その頃ネットもなにもないから、誰も「包帯と第三の目と暗黒の龍は中二だ!」なんて決めてはいなかった。

好きなものを詰め込んで描いただけのキャラが、今見てもダサくないってのはふつうにスゴイと思う。

やっぱり先見の明があった冨樫。

人気は重視していなかったそうだが、当時の人気投票で飛影が人気だと知ってからは、かなり意識してたに違いない。

ちなみにハンターハンターでは誰が人気でると予想して描いてたんだろう。やっぱりキルアかな?

 

あとは箇条書きになるのだが

○連載終了したのは自分の意志。僕が辞めても代わりはいる。自分の描きたいものはジャンプに元々あるひな形踏まえて作ってるだけ。本当の天才である鳥山明が辞めるのとではわけが違う

→謙虚である。そして多くの作品のオマージュは認めている。

 

○レベルEは、自分はきちんとストーリーを構築してまとめることができるということを知ってほしかった。

人気は重視していなかった。今後も漫画を描き続けていくにあたり幽白のイメージをぶち壊したかった。

→だからこれも当時聞きたかった。幽白と同じ作者なのに幽白とまったく違うイメージの世界観で少年たちはただただ唖然だったよ…

 

○ジャンプは自分にとって最適な遊び場。票を勝ち取らなきゃ連載できないシステムもわかりやすい。怨爺みたいな老人になっても中身は少年のようにいつまでもここ(ジャンプ)で遊んでいたい

 

以上!

 

自分を「怨爺」と称して締めくくるあたり、今回のインタビューは総じて幽白愛が感じられて満足だった。

もっと戸愚呂や仙水について語ったりだとか、このシーンはこういう心境だったとか魔界トーナメントで描きだしたいバトルはどれだったか。雪菜と飛影の関係とかも興味なんてのも聞いてみたいですね。次はまた24年後?笑

 

ここのところ多忙もですが、アニメのグッズとか公式がフザけてるせいで笑 なんとなく幽白の話題から離れることが多かった自分は本当に幽白好きなのかさえ危うく感じてきてたんですが

インタビューみて気持ちが湧き上がるのを止められなかったし、冨樫先生が幽白連載当時のことを語ってくれたことがとても嬉しかった。

改めて自分は幽白好きなんだなと実感したし、これからも好きでいいんだなと思いました。

 

またダラダラ語りたい。だれかー。笑

人間は生きるべきか死ぬべきか

お久しぶりです。

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

更新はパッタリですがこれからも変わらず幽白ラブでいきます。

どうしたら伝わるんだこの愛が…!!(更新しろや)

 

幽白のブルーレイboxを買おうか悩みますな

 

natalie.mu

 

確かブルーレイ出すのはこれが初めてじゃないはず!?

前に買ったことがある人が不憫すぎる。

新規アニメーションとか、怖いもの見たさで見てみたい。25周年記念。せっかくなので欲しい。

しかし財布が厳しいです。貧困万歳。

 

さてタイトル。

仙水さんの台詞ですね。

仙水さん的には滅ぼす気満々なのに、あえての二択。

もしも仙水が今の時代に生きていてもやっぱり人間滅ぼしたくなるのか。

なんとなく考えてみました。

うーん、きっとYESだと思います。

人間の醜さがより 顕著になった現代。彼が人類に絶望するのも時間の問題。

 

幽白連載当時と比べて時代はガラリと変わりました。

1人一台スマホがあって、パソコンがあって、なんでも検索できちゃう。知れちゃう。どこでも人と繋がれちゃう。愚痴でもなんでも世界に発信できちゃう。すぐ有名になれちゃう。

でもこれってとんでもなくつまらないことなんだよな。

始めから答えがわかってる。

始めからこうだと決めつけられてる。

始めからみんなと一緒。

決まりきった世界で生きていくのは想像以上に窮屈。

何も知らない方が幸せだったのかもな。

 

ファミコンソフトを貸し借りして攻略法を話し合ったりすげーパスワードや裏技を使って興奮したり

意味もなく分厚い辞書から一文字一文字意味を辿ってったり

意味不明ないたずら電話や噂にビビったり不幸の手紙が蔓延したり

くだらないけど

本当に楽しかった、わくわくしたなーと思わされた。

 

ちょっと脱線しましたが仙水にとっては今の時代は窮屈すぎると思うし余計魔界にいきたくなると思う。しかし魔界までもネットで情報網羅されてそうで怖い。

なんつーか情報過多もそうだし、人間みんなが監視し合ってる?そんな感じがします

そして互いのアラを探して突き合ってる。

尊重もクソもないと思う。

もうみんなコンピュータに乗っ取られて滅んでしまえばいいよ。

便利になるために技術を発達させてきたのにそれに飲み込まれてしまうなんてなんとも陳腐。

 

そんな正月でした。

食いすぎた。

ラーメン食いたい。新潟の。

 

更新は相変わらずのペースですが本年もよろしくお願いいたします。

幽白はどこへ向かうのか

今年2017年は、幽白のアニメ終了から25年の月日が経ちまして、各方面から多種多様なグッズが出てるのはおめでたい話なんですが…

 

ちょっと正直…微妙です笑

グッズのイラストが違和感ありまくりおです。

当時の絵を再利用した方が売れたんじゃなかろうかって思います

 

謎のコラボカフェもさ…

スカイツリーやるんなら、その前にあった池袋だかどっかのコラボカフェとかいらないんじゃないかな。

キャラ使ってジュースとかクレープとか1000円で売ってるみたいなんだけど。

そのイラストも違和感ありまくりお…

 

ファン馬鹿にしてるのかな?

ファンが不憫になります…。

というかそれ20数年前にやってたらきっとバカ売れしてたかもよ。

 

なぜ今、幽白が節操なしにグッズ化コラボ化してるんだろうか?

サンリオとのコラボはさすがにぶっ飛んだなあ…

 

natalie.mu

 

どうしちゃったんでしょうねえ一体…

企画の人大丈夫?成功すると思ったのかな?

方向性間違ってるんじゃないすかねえ?

 

そのうち幽助のきぐるみがテレビ番組にちょこちょこ出てきたりするのかな

二頭身くらいのやつ。

2011年にハンターハンターが某テレビ局でアニメ化したときゴンの着ぐるみが夜のバラエティー番組出たことあるんだけど、あれは見てるこっちが恥ずかしかった。

ひたすら浮いてるだけで笑

ハンターハンターを国民的人気アニメにしようとする考えがそもそもの間違い。

 

もうさ、無理に掘り起こさなくていいから。

「お前ら幽白好きだろ?ほらグッズだ買え!蔵馬だ!飛影だ!テキトーなやつに描かせたけどお前ら好きだからもちろん買うよな?あ?買えよ!」

って脅されてる感じすらある。

 

確か2005年頃に完全版化やゲーム化で多少盛り上げてた感あるけど

その後ひっそりしてたやん…

もうそのままでよかったのに笑

 

さすがに何番煎じってくらい同じようなグッズ出てるんで、やや辛口な評判も出てますよ公式さん…それでもなお、同じこと繰り返すんですかね?

 

幽白はこれからどこへ向かうのか。

ファンから散々搾り取って最後のあがきに映画化?リメイク?ハリウッド?ドラマ化?

どうかこのまま静かに終わってほしいと、切に願うのでした。

げにおそろしきは…

オホーツクに消ゆのBGMを聞くとしんみりする、そんなとあるお盆の夕暮れ。

 

残暑どころか冷夏の関東ですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は幽白となんのゆかりもない話。

夏ってなんとなくホラーチックなものに興味をそそられたりしませんか?

怖い~無理~!とは言いながらも、好奇心には抗えない…そんなあなたにおすすめなのが

  1. スウィートホーム
  2. LIVE A LIVE

の2作品。

 

まず

スウィートホーム

【ファミコン】バイオハザードの元になったと言われる、カプコンの名作RPG『スウィートホーム』 - おしょ〜の激コアゲームライフ

 

1989年に発売されたFCソフト。

調べて出てくる画面見ただけでうわあ怖ええええ!と絶叫したくなるんですがそのグロさだけで敬遠するのは勿体ない本作。

同年に公開されたホラー映画が原作で舞台は日本。ドラクエやFFのそれとは違う、ファンタジー要素ゼロのRPG

これだけで残念臭がすごいんですがそれを見事に覆す名作なわけですよ。

昨今の下手なホラーゲームより怖いです。マジです。

スウィートホームの世界観はひたすら哀しいです。タイトル詐欺も甚だしいくらい甘くない、というか人すらいない、死体だらけの家です。その皮肉がまた面白いんですけどね。

いやそもそも「スウィートホーム」=暖かい家庭ではなく、単に「愛する妻の居る家」としてとらえるのであればあながち間違いではない。

愛する妻と言っても手の施しようのないバケモノですけど…

殺されても尚、妻と共に。夫のその愛情の深さと言ったら。家族愛といいますか、そんな一言では片付けられない、考えさせられる作品です。

これをどう爆拳で表現したらいいかわからない。世界観がかけ離れすぎて笑

爆拳クン、君がただのアホでよかった。

 

 

お次は

LIVE A LIVE

dengekionline.com

 

1994年に発売されたSFCソフト。こちらも現代まで語り継がれる名作です。

おススメはSF編。

こちらは画面でビビらせるようなホラーっぽい感じではなく、じりじり…じりじりと滲みよる恐怖感が夏の暑さに程好い清涼感をもたらしてくれます。

ストーリーはシンプルで、宇宙船の中で人間がバタバタと死んでいくんですが

その人間同士の関係がまた複雑というか…リアルというか。いきなり男女の三角関係とか始まるので笑

 

とある青年「仕事も恋も順調!さあ資格試験だ、受かったら彼女と一緒になろう」

→結果「誠に残念ながら、試験は…」

→同僚「彼女はお前にはとっくのとうに愛想尽かしてるぜ」

→彼女と同僚ラブラブ。生き地獄

→同僚、不慮の事故で死亡

→彼女気がふれる(その狂いっぷりが怖い)

→青年チャンス再び?と思いきや青年に対し彼女「私はあなたのものにはならないわ」

→彼女の自殺行為に巻き込まれ青年死亡

 

別の意味で恐怖です。なんなのこの転落っぷり。自分に置き換えたら鳥肌ものです。

ちなみにゲームの主人公は青年じゃないんですけどね…

しかもこの話はSF編のほんの一部ですから。

 

仲間同士で恐怖し罵倒しいがみ合い、静かに静かに平和が崩れていく感じがなんとも恐ろしいのです。

頭が良いからこそ。感情があるからこそ。信念があるからこそ。

だからこそ相容れないものは排除してしまおうという動きがあるんですね。

ネタバレすると次々人間殺した黒幕はロボットなんだけど。

傍から見たら人間なんてのは愚かな生き物だ、という話ですね。

 

 爆拳クンはその点ただのアホだからね。シンプルでいいね。

まあこの手の話では多分初っ端から死ぬタイプだろうけどね笑

おっと爆拳は妖怪だったな。すまん。

 

如何でしたでしょうか。

私がこの2作でお伝えしたかったこととは…

 

スウィートホームは美しいだけではない家族愛。たった一瞬の過ちから生まれた悲劇。妻は強い怨念となり数えきれないほどの命を奪った。夫は命を賭してそんな妻を止めるよう努めた。それが妻への償いであり愛だった。

ライブアライブは人間同士がくだらないことで憎み傷つけあう醜さ。

人間によって造り出されたロボット、そのロボットによって人間は殺され、そして何が大切なのかを教わる。

 

私たち人間にとって最も恐怖をもたらすのは…

 

そう、かの冨樫先生もおっしゃってたでしょう

 

実に恐ろしきは人間と。

 

こいつにこれ言わせてみようのコーナー

ハンターハンターでクラピカがビスケにおべっか使うシーン。

クラピカのらしくないところも笑いましたが単純ビスケも可愛かったので爆拳クンで再現してみました

※文字のみです。かなり改変しています

 

~魔性使いT、重大な任務についての会議中~

 

爆拳「吏将~どう転んでもその任務は無理があるぜ 俺にゃ到底無理だ」

投げやり状態の爆拳

吏将「ふぅーーーー…まったく」

吏将「…画魔の紹介でなければ」

吏将「お前の様に」

吏将「鋼のように強靭な肉体で」

吏将「しかし繰り出す技はしなやかで美しい汗の霧のみ」

吏将「そんなやわな男など」

吏将「雇うことなどしなかっただろう」

吏将「お前には警護よりもモデルでもやっておいた方がよほどお似合いだ」

吏将「この任務降りるなら今の内だぞ」

爆拳「…」

 

吏将「やれるか?」

爆拳「はい(^^)」

なんでもやりますッ

 

お調子者の爆拳でした。お粗末

 

他はあいかわらず古いネタばかりですがどうぞ

 

ムクロ「あたしはねえ、百足という巣を見つけたんだ。なのに飛影!お前はそれを笑った。チビのくせに」

 

Vガンのカテジナ風のムクロさんでした。

カテジナさん好き好き。ヒロインから大悪党ってここまで転落するキャラもそうそういないよな。

それにしてもムクロの「あたし」って新鮮。

飛影のことチビとか坊やっておちょくってたら面白いかなって。

 

雪菜「こんな恐ろしい姿を見てわたしのこと嫌いになったでしょ?」

 

天外魔境2の絹です。やっぱり鬼怒ちゃん怖い。

垂金あたりぶっ殺してそれを見て腰抜かしてる桑原に雪菜がこんな台詞言ってたらええな。ええな。

天外魔境2についてはこちらもどうぞ↓

飛影が熱血ニーチャンになってます

datemaniyuyu20140402.blog.fc2.com

 

短いですが今回はこの辺にて~

たられば

まさかの連続(?)更新。やったぜ

 

前回のブログ読み返してみたら我ながら意味不明過ぎて呆れカエル

しばらくは雑記のような感じでちまちまいきます

 

数年後にデジタルイラスト駆使してることを期待して

(数年後までこのブログ続いてるのか?という問いには間違いなくYES 管理人の命ある限りまたはパスワード失念しない限り当ブログは不滅だ)

気長に待ってやってください

(誰も待ってないぞ)

 

さてさて連載再開されたハンターハンターが面白いということは前回もお話した通りですが

ハンタはキャラよりストーリー主導だから、冨樫先生の思い描くストーリーに沿って適材適所にキャラが動いてくれて読み応え抜群なんですよね。

ちょい役のはずのキャラが意外に活躍したりして、お前こんな使える奴だったんか!と驚きを隠せなかったり。

ハンターハンター読んでるととどこまでも、どこまでも世界観が広がっていくからそれに従って考察も無限に広がり、読者が協力し合ってハンターワールド、即ち冨樫ワールドを探検、攻略していってるような感覚に陥ります。

作者の脳内少しだけでも覗いてみたい…もう未知過ぎて!

その点幽白はもう幽白のキャラが固定されてるから自由に動かせない、だから冨樫先生の思うようなストーリー展開ができない、だからあそこで終了したわけですな。

できない、というか強制的にやろうと思えばできたんだろうけども、それはキャラ(の個性、自分が思い描いていたキャラ像)を殺すことだからそれは絶対したくなかった。

実際振り返ってみると幽助を魔族にしたのは本望じゃなかったのではと勘繰りますね。もう投げやり感半端じゃなかったし…

ハンタのように休載重ねてじっくり自分のペースで幽白描けてたらもっと別の幽白ワールドを拝めたかも?

でもそれはたらればの話なので…

 

たらればといえば今幽白描いてたら間違いなくイメージ変わるのは温子だと思います。

作中では破天荒で終始ギャグキャラで通ってたけど、今だったら温子の苦悩とか葛藤とか、そこんとこもっと掘り下げて描いてもらえるような気がする。

ハンタ見ると”母親”というものに重きを置くようになったと感じるので。

蟻編においての無償の愛とか、ピトーのコムギを守る姿とか、コムギの王への包み込むような愛とか(母子じゃないけど)

今回の継承戦も幼子を抱えたオイト王妃がクラピカになんかしら影響を与えてくれそうな気がするし(あくまで推測)

 

たらればいっても幽白はあれで終わったからあれでいいんです。

たられば言っても自由、言わなくても自由。

ハンタは面白い。幽白は最高。それだけ。

 

次回はオマケ記事です

 

 

別物

お久しぶりです。生きてます。ええ。

 

BGMは大魔司教ガリウスのステージ1でお送りします(何故)

ファミコンBGMはいつ聞いてもテンション上がりますね。

 

ハンターハンター祝再開!というわけで、これがもう面白いんですよね!

始めは王子継承戦とか興味なかったんですけどね、まんまとやられました。

各王子の性格がイイ!そしてこんなにオモロイ奴らを出しといて、最終的に全員(多分)殺しちゃうとこが最高!

念獣なんてのも登場し、王子同士で直接やり合う戦いではないので心理戦やら駆け引きも気になるところであります。

 

継承戦といえば幻海の奥義継承戦を彷彿とさせますね。

個性揃ったキャラ達が、ある一つのものを目的としてわちゃちゃ争うのは読み手としても非常に分かりやすいから好きです。

珍宝とは結局なんだったのか…幽白屈指の謎キャラですわ。

 

さて、夏ですね。

幽白の連載が突如終了したのも夏。

あまりにも早く、あっけなく。

明日からこの愛をどこに向ければいいのか?

明日からこの熱意をどこにぶつければいいのか?

ファンにとっては忘れられない衝撃的な夏となりました…

 

とかいいつつ。

実は幽白マニアを自称しておきながら、幽白にハマった時期も終わった時期もまるっっっっっきり覚えてないのです。

ショックすぎて覚えてないのか、それとも終わりを理解してなかったのか。(バカ)

 

ほら、あの頃は次から次へと名作があふれ出てきた頃だから。

漫画もアニメもゲームもついでに音楽もドラマも。

しかもネットなんてないからファンとしては気持ちのぶつけるところもなく逃げるように次の話題作にすがるしか道はなかったわけで。

 

そんなこんなでレベルEが始まって(この時は覚えてる)、すぐ終わる。

レベルEが終了したらまた幽白を描いてくれるんじゃないかとうっすら期待したりして。

私にもそんな時期がありました

どこかで幽白を無意識に追い求めて…

 

終わった時期を知らない自分すらこんな状態だったんだから、当時からのファンは相当ひきずってると思いますよ。

それが今の幽白の再熱ぶりを物語ってるかと。

もしこれでスッキリとした終わり方だったらファンの見方も変わってたかもしれませんね。

 

何がそんなにファンを突き動かすのかというと、やはりキャラに対する情熱でしょう。

そんなん当たり前じゃんって話だけども実はありそうでないことなんですよ。

何年たっても25年経ってもキャラクターに変わらぬ愛を注げるってのはね、すごいことなんです。

 

ハンターハンターもすごく面白い。連載開始当時から読んでるしコミックス1巻から読み返しても変わらずワクワクするしどのキャラも個性的で冨樫ワールド全開で脳がすこぶる幸せになる。

しかし個人的に、未だに幽白ほど思い入れのあるキャラはいない。

なぜなのか?

これがうまく言葉で言い表せないのが本当に悔しい。

答えは未だに出てこないままです。

 

とりあえず、幽白ファンの皆様。

幽白キャラを愛してることに誇りをもって、と言いたい。

 

ちなみに自分はそこまで爆拳が好きなわけではないです。笑

広告を非表示にする