爆拳なんて怖くない!

便所の落書き ゆうはく愛

幽白男子会!?

爆拳「よお。集まったか」

室田「どもーっす」

裏浦島「っつかれーっす」

鬼連邪「ウィーッス」

柘榴「…」

 

垂金「おーお、今日も冴えないメンツが雁首揃えて」

 

爆拳「わーるかったな」

爆拳「6人だな。おねーさーんとりあえずナマ6ねー」

裏浦島「酒は飲めないんで」

爆拳「オレンジジュースくださいってか?」

 

一同(一部)爆笑

 

垂金「柘榴はザクロ酒でいいか?」

柘榴「…」

 

室田「いやぁ~アレっすね!皆さん本当ノリいいですよね」

鬼連邪「俺カレーで」

室田「ってもう食うんか!」

鬼連邪「カレーは飲み物なんで笑」

室田「あっ今自分で面白いと思ったでしょ~笑」

鬼連邪「いや~ アッハッハ」

 

裏浦島「ゴキュゴキュ…パハーッ!生お代わりっ」

室田「裏浦島くんも今日はガンガン行くね~!」

裏浦島「今日は気分良いんっスよ。自分より顔の良いヤツいないんで笑」

室田「おっ言うね~笑」

裏浦島「サーセンッッ!!ッヒッヒッヒ」

爆拳「オイオイオイオイ~魔性使いチーム一のハンサムつかまえといて、それはナイよ!?ウィッ」

垂金「ブッ!!!どの口が言っておる?」

裏浦島「爆さん超イケメンっすよ、首から下は笑」

爆拳「言ってくれるじゃねーの笑」

鬼連邪「俺だって鍛えてますよーほらほら」

爆拳「おめー瞬殺されたじゃねーか」

鬼連邪「それはないっすよ爆さん笑 まあウチのチーム全体的に噛ませでしたしねー」

爆拳「だな笑 俺くらい活躍しねーとな」

裏浦島「いやいやここにいるの、ほぼ全員噛ませでしょ」

室田「虚しいっすね…ウッ」

爆拳「まー今はそういうの忘れよーぜ。乾杯!」

裏浦島「爆さんは自分に自信があるんっすね」

爆拳「んなこたねーよ。何かと吏将には説教されっぱなしだしよ、しょっちゅう陣と比較されて腹立ってんだ」

鬼連邪「結局引き立て役なんですよね。俺もよく阿架連邪においしいとこ持ってかれますし」

裏浦島「ウチも死々若丸以外は引き立て役だよなあ。大体、この変装姿もなんでこんなしょっぺえ姿なんだか。俺も死々若丸みたいにイケメンにしてほしかったですわ」

爆拳「イケメンだかスケバンだか知らねーけどよ、ツラの皮剥がせば皆一緒だっつーんだよな!漢は中身で勝負よ」

垂金「お前は性格も最悪じゃろ」

爆拳「うるせー!!」

 

柘榴「めでたい奴らだぜ」

爆拳「あ?なんだよ」

柘榴「俺は次の魔界トーナメントで優勝し次期国王になる予定だ。ここで油売ってる暇なんぞない。しかし三下妖怪の庶民的な生活にも少しばかり興味がある。」

柘榴「まあ一応話は聞いておいてやる」

室田「そんなこと言って実は誘ってもらって嬉しいくせにーねえ?」

柘榴「…」

室田「あー今こいつめんどくせーと思ったでしょ?笑 ね?ね?」

 

爆拳「あ…そろそろ俺」

鬼連邪「おっデートっすか?」

爆拳「いや。吏将に怒られるからよ」

垂金「子供か」

 

画魔「失礼します。おい爆拳」

垂金「なんじゃ、迎えまで来たか」

画魔「お世話になってます」

裏浦島「ガマさんっつかれーっす。一緒にどうすか?」

画魔「ありがとう。私はいいよ」 

爆拳「悪りいな画魔。んじゃお先に。お疲れー」

一同「お疲れしたー」

 

爆拳「画魔、ワリ。今月ピンチでよ、2000円だけ貸してくんねーか」

画魔「またか」

爆拳「頼むよー凍矢には断られちまったし、陣には言えねーしさ」

画魔「仕方ない」

爆拳「サンキュ!!恩に着るぜ」

画魔「吏将に言っておくからな」

爆拳「おおーっと!それはやめてくれよぉ~泣」

画魔「これで三度目だろ。三度目の失敗は死と同等。これが忍びよ」

爆拳「マジで吏将に殺されるって~画魔~画魔ちゃーん~」

 

画魔のかっこよさを伝えきれないのが残念です。

室田以上に(おい)彼の死が惜しまれます。

 

男子会お疲れ様でした!!

 

広告を非表示にする