爆拳なんて怖くない!

便所の落書き ゆうはく愛

いつも心に幽白を

久しぶりです。毎日寒みぃなーと思ってたら気付けば春、やっとクソ寒いのから解放されたと思ったら花粉の猛攻ですね。へぶし。

そしてあたたかくなり夏になり秋になり冬がきて…

なんと季節の過ぎるのは早いことか。年をとるわけです。泣

それでも。いつも心に幽白を。世界の片隅に爆拳を。

山道をドライブしてると、ふと、武威は元気かなあと考えます。武威というと山奥のイメージなので。山小屋に暮らしてそうです。ほんでもって熊が修業相手。

爆拳はすっかり魔性使いTのお払い箱ってことになっていますが、実はムードメーカーでもあったんじゃないかと思うんですよ最近。本当は気のいい奴なんだ。仲間思いで。ただバカなだけで。

でも陣からしたら、たいして強くもないくせに周囲からちやほやされている、そんなカワイイ(?)爆拳が面白くないわけで。

だから周囲に「爆のヤロ、あいつはひでー奴なんだべ」と、あることないことふれ回ってるわけです。

あのあっけらかんとした陣が…そんなことを…

えげつねーな…陣。女社会かよ。

※妄想です。

すっかり爆拳寄りになったこの頃。融合もそう遠くないかも。

 

最近考えていたこと。

ハンターハンターの連載再開まだかなーとか

キルアとクラピカと飛影が会話したら面白そうだなーとか。

 

飛影「クラピカ…か。いつまでも過去にとらわれて生きてる奴は強くはなれんぞ。

あのとき、クルタ族が虐殺されたときにお前が居れば解決したわけではない。運が悪かっただけだ。」(いや、生き延びたぶん運がよかったというべきか)

キルア「そうだよねーあんたももう、妹さんとのことは決着がついてるんだし、いつまでも過去にとらわれていちゃあダメだよなあ」

飛影「…なっ!?貴様、一体どこからそんな話を…」

キルア「さーてね。あ、そーだ!女王様とはいつ結婚すんの!?あのすっげー強そうな人」

飛影「死にたいか…」

アルカ「お兄ちゃん!この人いじめちゃダメ!この人はお兄ちゃんみたいに、妹さんをとても大事に思ってくれてるの。すっごく優しい人なの。アルカこの人好き。だから、いじめないで!」

飛影「…チッ べらべらとうるさい奴だ」(動揺しまくり)

キルア(もう笑いをこらえきれないといった感じの顔)

 

あり?クラピカ出てなかった^_^;

飛影はどこにいてもいじられてしまう悲しい運命なのであった。

 

番外編~グリードアイランドにて

爆拳「おいチビ。さっさと手持ちのカードよこしな」

ゴン「嫌だ!」

爆拳「なんだと!?痛い目みるぜ…ぬおおおおおおお」霧を出す

爆拳「ククク…これで俺がどこいるかわかるまい 後ろから一発かましてやっか」

ゴン「じゃん、けん、グー!!」

爆拳「グハアァァッ…な、なぜ俺の居場所がわかった…」

ゴン「ただの汗臭いだけの霧じゃ目隠しにもならないよ」

爆拳「たっ頼む 許してくれ 悪気はなかったんだ

アバラがいかれちまった…もう立てねぇ」

ゴン「…わかった ほら。手を貸すよ」

爆拳「(バカめ)うおらああああああああっ」

ゴン「うそつき!」

爆拳「ひっ?石を頭で粉砕した!?そんなはず…ぎゃあああ」

 

そしてどこに行ってもワンパターンな爆拳なのであった。

 

 

広告を非表示にする