爆拳なんて怖くない!

便所の落書き ゆうはく愛

幽白好きなキャラ

この質問にはいつも悩まされます…幽白マニアなら即答しないといけないのに!

 

好きなキャラも答えられない、幽白グッズのコレクターなわけでもない、はたまた幽白の知識に詳しいわけでもないのに幽白マニアを自称するなんて、おこがましい事この上ないですね。ほんっっっとすみません。

だって好きなキャラなんか選べないよぉ~皆最高じゃないか!

とりあえず爆拳、垂金、裏浦島は嫌いです。笑

ただ、爆拳のお調子者なところとか、垂金の趣味の悪さとかなんでも坂下に任せちゃう甘えん坊なところとか、裏浦島のひねくれた性格やコンプレックスの塊みたいなところは親近感感じますね!

好きなキャラね~やっぱり悩むな~。

例えば浦飯チーム。

飛影はもうね、小柄、三白眼、無愛想、漆黒の衣装、ハチマキ、額の第三の目、包帯、魔界の炎、龍、刀…と、少年の心をくすぐるゾクゾクポイントが凝縮されちゃってますからね。ハマらないはずがない。笑

戦いのスタイルもシンプルで分かりやすく且つカッコイイ、性格はクールなようで実は情熱的。仲間や妹を想える優しさもあり、そして単純でちょこっとマヌケ。もう言うことなしです!

桑原は当時はあまり印象になかったんですが、数年後に読み返してみてその漢らしさに惚れ、幽白で一番かっこいいキャラは実は桑原だったのかも!?と思うところまできたんですが、ここ最近はまた印象薄くなってきちゃいましたね。

どうしても裏浦島視点(なんだそれは)で桑原を見ると「動物を愛し、真面目で一途で優しくて…こんなによくできた不良なんているかよ!!!!!」と突っ込みたくなっちゃって。

実は探し求めていた次元を切る能力者だった!とか…もうお前どうしたって感じで。笑

さらに境遇。美人な姉がいてニャンコと可愛い彼女(妖怪)と一緒に暮らせてしかも人間界最強の強さで名門大学生(のちにエリート確定)。うまくいきすぎだろ!!と、もう嫉妬で気が狂いそうになります。ひねくれ者です。笑

続いて蔵馬。彼も飛影と同じくくすぐりポイント目白押しなんですが、バラの鞭や花が武器という点で支持層は男性より女性向。加えてあの容姿。わかりやすい女性ウケ狙いです。笑

往年のこの手のキャラは決まって一人称が「私」か「僕」で、女好きなナルシストだとか戦いを好まない平和主義者だったりします。戦闘ではまず役に立ちません。

蔵馬は全くの真逆です。頭脳戦では主役食うくらい活躍してみせてましたしね。

極め付けは真の姿。ダークシュナイダー、じゃねえ妖狐。あれはずるいですよ笑

そして主人公・幽助。 

容姿…程好く男前、ダルマでもモヤシでもなく程好く筋肉質。

性格…少年漫画の主人公に適した単純熱血漢。

技…霊丸。普通にかっこいい。ちなみにショットガンは当時、某ペガサス流星拳といわれる

まあ、いわゆる…個性がないということです。笑

逆に考えると、個性のキツイ蔵馬飛影が主役だったら物語は成立しないわけですからね。飛影の不器用な性格じゃ敵を作ってばかりだし、蔵馬主役だとベルばらのようになってしまう…主人公が桑原だとモロにヤンキー漫画。華がない。

だから幽助でちょうどいいんです。少年が一番感情移入しやすいタイプですから。

 幽助視点になって仲間たち、ライバルたちとの関係を楽しむ。それがこの漫画の醍醐味だと思ってます。

自分は幽助ほどハイスペックではないので爆拳や裏浦島視点でいる方が楽なのです。

柘榴視点に挑戦したらまた新たな道が拓けるかも!?

説得力無いかもしれませんが幽助大好きです。笑

 

で、好きなキャラは誰なんだ。結局。

あうーっ!答えられない~っ(´Д`)゚。

 

毎度毎度まとまりない文章ですみません^_^;

 

広告を非表示にする